用例って本当に「正しい」の?

Q. 共時態の研究において用例を用いることについて、本を書いた人の言葉が必ずしも正しいとは限らないように思えます。

A. 特定個人に限らず、複数の第三者、ましてプロの書き手が使っている(いない)表現であれば、日本語として正しい(正しくない)という判断の材料にすることは妥当と考えられます。一方、様々見た中で一人の作家だけが使っているような表現があるとすれば、それは個人の癖であり乱れ(誤り)と考えることもできます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です