英語のL・Rの難しさって?

Q. 英語の/r/と/l/の音素は日本語に置いて一つの子音にまとめられているため、日本語の母語話者にとって聞いている際、区別しにくいとよく言われているのは理解できますが、どうして日本語の母語話者/r/と/l/の音を発しようとしているときにも困難を感じるのでしょうか。レジュメでは弾き音に関して、歯茎辺りに舌を置いて発せられる音だと書いてあります。英語の/r/は閉鎖を作らない一方、/l/は閉鎖があり、「ラリルレロ」と同じく歯茎辺りに舌をおくことによって空気の流れを止めるとのように解釈しました。日本語を母語としている人にとって、舌の働きが/r/と/l/の発音を発することに慣れていないからなのでしょうか。

A. 英語の/r/は歯茎接近音[ɹ]として実現しますが、お察しのとおり日本語でこの音は一般的に用いられません。一方、/l/の歯茎側面接近音[l](舌の先端が歯茎の付け根に密着し、両サイドから空気が抜けていく音)は日本語でもラ行の異音として用いられる場合があります。日本語母語話者にとっては、単純に前者は母語にないため再現が難しい一方、後者は再現が容易であると考えることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です