「一度下がったら上がらない」って本当?

Q. アクセントは「一度下がったら上がらない」という原則について、短い単語であれば納得できるのですが、どれだけ長くてもそうであるのか疑問に感じました。

A. 実際には、あまり長い複合語は1語であっても途中で切ったり、要素ごとにアクセントが上がり下がりしたりする(さらには多少のポーズも置かれる)例がみられます。

  国連総会(コクレンソ˥ウカイ)                           国際連合総会(コクサイレ˥ンゴウ・ソウカイ)

   パレスチナ問題(パレスチナモ˥ンダイ)                貴様いつまで女子でいるつもりだ問題(?)

特に新聞などの報道媒体で、たくさんの要素を組み合わせて新しい複合語が作られることがしばしばありますが、それらには上述のように1単語的なアクセントの規則が当てはまらないことが多くなるなど、要素間の結びつきが比較的弱い傾向が認められます。特に臨時的に作られるそうした複合語的なもののことを、「臨時一語」と呼び、一般的な複合語と区別することがあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です